当ページのリンクには広告が含まれています。

読書が趣味になったきっかけの小説

読書が趣味になったきっかけの小説 小説
この記事は約2分で読めます。

読書が趣味になったのは社会人になってからでした。

23、24歳くらいだったかな。

今回は趣味になるきっかけとなった小説をご紹介します。

細かく言うと、他のいろいろな本の波状攻撃もあったと思いますが、結局、この2冊の影響力が強大でした。

gao the book
gao the book

たまには雑談も

文章表現の可能性に感動した

吉本ばなな「キッチン」

文章表現の可能性を感じたのが、吉本ばななさんの「キッチン」。

https://amzn.to/3Vd1hXp

文章が軽快で心地よい。

「文章にこんな表現方法あるんだ」と随分びっくりした覚えがあります。

この本を最初に読んだのが確か新社会人になった頃、23歳くらいだったと思います。

物語はジブリ映画のような内容でほっこりします。

ねじまき鳥クロニクル

もう1冊は村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」。

https://amzn.to/3KfaHLw

最高に刺激的な長編小説。(上・中・下の3冊)

こんな物語はそれまで読んだことが無くて、訳がわからず、はちゃめちゃで、だけど文章が緻密で丁寧で美しい。

今まで読んだ小説ベスト3にこの小説は入ります。

この小説を読んだのは24歳の頃でちょうど無職の時期でした。(新卒で入った会社をたった1年で辞めるという根性の無さを見せつけた)

この小説の主人公も物語の中でちょうど無職で(35歳だったかな)、「同じ無職だ!」となんだか安心したのを覚えています。

本について語れることがあるのは幸せかもしんない

20代の頃はブックオフの中古本(100円)を購入して暇を潰していました。

仕事以外だと趣味はほとんどなかったので、とにかく時間が余っていたんだろうなあ。

「本があれば老後も暇を潰せそう」と若い頃は考えていましたが、45歳になった今、集中力も落ち、視力のことも考えると、そう簡単なことでもないかも知れない。ちょっとした危機感。

とりあえず、このブログで引き続き、面白い本を紹介していこうと思います。

コメント