Kindle Unlimited

新書

久坂部羊さんの新書「人はどう死ぬのか」の感想

久坂部羊さんの新書「人はどう死ぬのか」の感想と考察。人の死に方について。ある程度高齢になったら医療にかからず、死を受け入れた方がよい。常に死をリアルに意識することで死の恐怖も消える。人の死に方について真剣に考えさせられる内容です。
ホラー

ホラー漫画「禍話(まがばなし)」の感想。ゾクっとする怖さ!

ホラー漫画「禍話(まがばなし)」の感想。原作は「かぁなっき」さんで、漫画は大家さんが担当。ゾックっとする怖さの話が11話収められています。SNSで投稿された話を厳選して漫画にしています。読み応えあり。
小説

小説「ロストケア」の感想と考察。高齢化社会日本の課題を突きつける

葉真中顕さんの小説「ロストケア」の感想と考察。日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。フィクションですがリアルに起こっても不思議ではない物語。介護保険について知ることが多くて為になりました。介護の過酷さ、闇が凄まじい。
小説

山本文緒さんの短編小説「絶対泣かない」様々な職場で働く女性の日常

山本文緒さんの短編小説「絶対泣かない」の感想記事です。働く女性が主人公。15の短編集。さまざまな職場で働く女性。その日常の一コマが感動的な話に。仕事について悩んでいる女性は特におすすめの一冊だと思います。癒しと再生!
エッセイ

みうらじゅんさんのエッセイ集「さよなら私」悩み・不安を少し手放す

みうらじゅんさんのエッセイ集「さよなら私」の感想記事です。人生の悩み・不安について、その原因を分かりやすく説明してくれます。「自分を信じることをやめる」「安定について」「好きと向いているの違い」「愛について」などなど面白いエッセイでした。
ホラー

小松左京さんのホラー短編集「牛の首」SFとホラーの融合が面白い!

小松左京さんの「厳選恐怖小説集 牛の首」の感想記事です。ホラー短編集。どの作品も物語が練られていて面白すぎ。小松左京さんと言えばSF作家のイメージが強いですが、ホラー小説もマジで怖いです。SFとホラーの融合をぜひ。
小説

ジョージ・オーウェルの小説「1984」。現代にも似たディストピア

ジョージ・オーウェルの小説「1984」の感想。世の中が悪い方向に進んでいくディストピアを描いた作品。真実を改ざんし、党によって常に監視される社会。長期的な拷問の末、最後に剥き出しにされる主人公の本能。まあまあ気持ちが沈みました ^^;
漫画

マーク・トウェイン著、漫画「人間とは何か?」匿名で書いた問題作!

アメリカの小説家マーク・トウェインの小説を漫画にした「人間とは何か?」を読みました。この小説は著者自身も危険と感じて匿名で発行した問題作。いろいろな具体例を出して「人間機械論」を説く。漫画なので読みやすい!
ビジネス書

ブログが続かない方におすすめ!「書く習慣」。書くことを楽しむ方法

いしかわゆきさん著「書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力」の感想記事です。ブログ初心者はもちろん、ブログの更新が停滞している方は特に為になる一冊です。「書くことを楽しむこと」を思い出させてくれました。
小説

貴志祐介さんの小説「ダークゾーン」リアル将棋ダークファンタジー

貴志祐介さんの長編小説「ダークゾーン」上下巻の感想記事です。プロの将棋士を目指す大学生が主人公。仮想の軍艦島で行われる将棋を模したモンスターバトル。なぜ戦っているのか不明のまま、駒に模したモンスター同士の戦いを強いられる。